オススメのマーケティングリサーチ会社!

マーケティング戦略の成否は、その始めの入口でもある市場調査にかかっているといっても過言ではありません。市場動向や消費者意識を正確に把握できなければ見当外れの方向に向かってしまう可能性もあるからです。そして、その市場調査の結果を左右するのがマーケティングリサーチ会社です。マーケティングリサーチを請け負う会社は数多くあります。調査方法も多種多様です。ですから、市場調査を行う場合はどの会社に依頼するのかを慎重に検討し選択していかなければなりません。ではどのような会社に依頼すれば良い結果が得られるのでしょうか。もちろん、企業ごとに使える予算、調査目的、調査内容などで選択するポイントは異なります。しかし、どんな調査を依頼するにしても外してはいけないポイントもあります。

マーケティングリサーチ会社は提案力で選ぶ

インターネットでの調査が簡単にできるようになり、より多くのサンプルを低予算で集めることが可能になりました。しかし、インターネット調査には限界があります。インターネット調査では選択式のアンケートが主流で、記述式となると曖昧な回答しか得られないことが往々にしてあるからです。ターゲット層に深く踏み込んで心の底にあるニーズを聞き出すには、グループインタビューや面談調査が必要となることも少なくありません。どんな調査方法が適しているかは調査目的によって異なります。調査目的によって柔軟に調査方法を使い分けられる会社を選ぶことがおすすめです。また、依頼する側が市場調査に慣れていない場合は目的に適した方法がわからない場合もあります。その時に必要となるのがリサーチ会社の提案力です。依頼主の目的や意図を正確に汲み取り提案してくれる会社を選ぶことも大切です。

マーケティングリサーチ会社は調査の設計力で選ぶ

市場調査の成否は調査の設計が大きく関わってきます。ターゲット層、サンプル数、設問内容や設問数が異なれば得られる結果や正確性が違ってきます。的確なターゲット層を抽出し、必要なサンプル数を見極め、調査目的に適した設問内容を用意する。この調査の設計が適切でないと、集めたデータをいくら分析したところで良い結果を得ることはできません。また、予算が少なくても調査の設計次第で良い結果を得ることも不可能ではありません。ただし、調査の設計には専門的なノウハウが必要で、設計の大部分をリサーチ会社に任せることになります。つまり、リサーチ会社を選ぶ時は調査設計力を見極めて決めることがポイントになります。提案力も調査設計力も見積書や企画・提案書である程度は判断がつきます。あとは実際に会って打合せをしていく中で相手の態度を見極め、自社に適した信頼できるマーケティングリサーチ会社を選びましょう。

自動車、環境、IT、農林水産業界などの実績があります。 市場性調査を行い、市場規模の推移、メーカーシェア、価格動向、将来見込み、市場参入障壁などを明らかにします。 素材・工業材料、情報通信、AV家電、エレクトロニクス、装置・機械などの業界を得意としております。 テレビ、広告、出版、印刷、などのメディア業界も承っております。詳しくはHPをご覧くださいませ。 マーケティングリサーチ会社を選ぶ際のポイント!

コメントは受け付けていません。