初めてマーケティングリサーチ会社を選ぶ型に必見です

商品やサービスの開発をしていく上で、市場における消費者動向を知ることは欠かすことのできないポイントです。誰も欲しいとは思わない商品はもちろんのこと、どんなに良い商品でも価格が高すぎれば売れません。「どんな消費者が何を求め、いくらなら欲しいと思うのか」そういう市場の声を集めて商品開発に活かしていくことが企業の発展に繋がります。そのために必要なのがマーケティング調査です。しかし、調査には専門知識が必要で、自社でデータ収集から分析まで行うのは容易ではありません。そのために調査を専門に行ってくれるマーケティングリサーチ会社を利用することになります。ただし、調査会社はたくさんあり、調べてくれるならどこでも良いというわけではありません。満足できる調査結果を出すために最適な会社を選ぶ必要があります。

リサーチ会社に依頼する前に調査目的を明確にする

マーケティングリサーチ会社は経営コンサルタントでもアドバイザーでもありません。調査方法や分析の仕方については意見してくれますが、それは依頼主の調査目的を達成するための提案です。依頼主が何を知りたいのかが明確ではないと、見当外れの調査になってしまいます。せっかく集めたデータもただの数字の集まりにしかなりません。有意義な調査を行うためにはしっかりとした調査目的が必要です。調査目的がはっきりしていれば、誰に何を聞き、どのような分析をすればよいのかもわかってきます。調査会社はその目的を達成するために最善の手法でデータを収集し分析してくれます。このように、調査の目的を明確にすることは、調査結果の成否に関わる重要なポイントとなります。事前に時間をかけて調査目的を明確にしましょう。

依頼する調査会社を選ぶ際のポイントとは

マーケティングリサーチ会社と一口にいっても、会社によって得手不得手があります。得意にしている業界があったり、できるリサーチ方法、任せることができる業務の範囲もそれぞれ違います。依頼する会社を選ぶ時に、それぞれの特徴を調べて把握しておくことが重要になります。その上で自社の調査目的を確実に達成してくれる会社を選ぶことが大切です。調査結果の納期も重要な比較のポイントになります。既にたくさんのリストやモニターを抱えている会社は最短の時間で調査を完了し報告してくれます。また、調査を依頼するにあたって気になるのが費用です。調査設計からデータ収集、分析、報告まで任せるとなるとかなりの費用がかかります。今後継続して調査していく予定があるなら、小さな案件を提案から報告までサポートしてくれる会社に依頼するのがおすすめです。調査の打合せを通してリサーチに詳しくなれば、自社でできる範囲が拡がり大きな案件でも費用を抑えることができるようになります。